産み分けゼリー比較|女の子が欲しい 人気ピンクゼリーで簡単・安全!

産み分けゼリーって?

産み分けゼリーって?
赤ちゃんが欲しいと思った時に、男女どちらか選べたら非常に嬉しいですよね。男の子が続いているから、次は女の子が良いなど。そんな時に人気なのが産み分けゼリーです。使い方は非常に簡単で、性交渉時に潤滑ゼリーを使うだけ。簡単ですよね。希望する赤ちゃんの性別を授かる確率が高まると言われており、クリニックなどでも用いられているほど安全性が高いです。私も産み分けゼリーで無事、女の子を授かることができたので、当サイトでは産み分けゼリーについてお話していきたいと思います。

 

ページの最後の方で、おすすめの産み分けゼリーを比較していきますので、産み分けゼリーについてもう知ってるよ!という方はこちらから比較へどうぞ。

 

どうしてただのゼリーで女の子・男の子の産み分けができるの?

どうしてただのゼリーで女の子・男の子の産み分けができるの?
ここでまず疑問に思うのが、
なんでただのゼリーで産み分けが出来るの?
ってことだと思います。

 

その原理はすごく難しいんですが、
産み分けゼリーを使うことによってph(ペーハー)を調節しているんです。

 

男の子の精子はアルカリ性に強く、酸性に弱いと言われており、
女の子の精子は酸性に強くて、アルカリ性に弱いんです。

 

ですから、男の子が欲しいのであれば膣内をアルカリ性に傾けてあげれば良いんですね。
女の子がほしければ酸性に傾けるわけです。

 

この方法は産婦人科でも行われているので、
このサイトを見ている方は、
産み分けゼリーを知ったきっかけは「病院」という方が多いと思います。

 

赤ちゃんの産み分けの基本ですので、
覚えておいて損はないですよ!

 

安全性は平気なの?

安全性は平気なの?
産み分けゼリーは食べても害がないほど安全性の高いもので出来ている為、潤滑ゼリーで生まれてくる子どもの障害の確率などに影響は及ぼしません。ですから安心して使える!ということですね。

 

最も、生まれてくる子どもの健康を心配するのであれば、母子手帳にも書かれているように葉酸の摂取をサプリなどできちんとするようにしましょう。ゼリーに関しては安心していただいて大丈夫です。

 

産み分けゼリーの成功率・妊娠確率は?

産み分けゼリーの成功率・妊娠確率は?
では、どのぐらいの確率で産み分けゼリーは成功するんでしょうか?

 

ちなみに最新の医学を用いても100%の産み分けの方法はありません。

 

しかし産み分けゼリーに関しては、
男の子は約80%~90%
女の子は約70%~80%

 

の確率で成功しているとの統計も出ています。

 

男の子か女の子の50%なわけですから、
この数値は凄いことですよね。

 

産み分けゼリーはただがむしゃらに使えば良いというわけではありませんので、
正しい使い方や、産み分け方の本質を理解すればもっと高い確率になると思います。

 

産み分けゼリーの使い方

産み分けゼリーの使い方
産み分けゼリーの使い方は非常に簡単!と説明いたしましたが、効果的に使うためには正しく使う必要があります。正しく使わないともちろん希望する性別の赤ちゃんを授かる可能性も下がってしまいますので、産み分けゼリーの正しい使い方をまずは覚えておきましょう。

 

 

 

実際の商品の使い方に関しては、その商品により微妙に違ってくるので、購入時の説明書をご一読ください。

 

ここでは、全産み分けゼリーに共通する適切な使う時期とタイミングを説明します。

 

産み分けゼリーを使う際に大切なのは時期とタイミング

産み分けゼリー比較|女の子が欲しい 人気ピンクゼリーで簡単・安全!
医師のアドバイスなどを受けることが大切ですが、
一般的には排卵日の2日前~当日が一番良いと言われています。

 

また、女の子の産み分けをしたい場合は、女性がオーガズムを感じすぎないようにすることが大切です。

 

淡白な性行為が必要になるということですね。先程、アルカリ性や酸性の話をしましたが、性行為の内容によっても膣内の状況は変わってくるのです。

 

例えば女性がオーガズムを感じると膣内はアルカリに傾くので男の子ができやすくなるわけです。

 

当然、絶対ではないのであくまでも確率の話です。